ひとり暮らしをして良かったこと悪かったこと

 

 

ひとり暮らしを初めて良かったこと

■時間に余裕が出来た。
元々東京在住でしたが、ほぼ茨城みたいなところに住んでたので通勤や遊びに行くのにいちいち時間がかかってました。会社近くの都心に引っ越したことにより、どこに行くのにも移動時間が短縮されて自由な時間が増えました。

あと実家だと長風呂でしたが、いまのお風呂は狭く足も伸ばせないのでシャワーで済ませることも多くなり、湯船に使ったとしても長くは入らなくなっているので、風呂時間も短縮されました。

■自由
実家だと家族に合わせる必要があります。家族とは言え、気は遣う物です。それが無くなり自由の身。自分好みの物を置き、自分の好きな時間にお風呂に入り、好きなご飯を食べれます。

 


ひとり暮らしをして大変だと思ったこと

 

お金がかかる
もうこれに尽きるし、これ以外で思いつくことがないです。

 

 


これからひとり暮らしをしようとしている人は、事前に部屋のコンセプトを明確に決めておいた方がいいです。とりあえず、これでいいや、と思って結局そのままになりますよ(体験談)

 

『てげてげでよかが』

『てげてげでよかが』

鹿児島の方言で
「てげてげ」は「大雑把、いい加減」の意で、
 「大体でいいよ」のとき使う言葉だそうです。


響きも好きだし、意味もいいなって。

考えすぎかなって思ったとき、

こころのなかでつぶやくことにします。

てげてげでよかが。

てけてげ。


方言ってほんとかわいい。


イケメンって罪だなと思った話。

 

ふと思い出して記事を探しました。

 

巨人の小林誠司捕手(25)が5日、球団のイベント「母校へ帰ろう!」で、母校の大阪府堺市立新檜尾台小学校を訪問した。全校児童466人を前に体育館で行われた歓迎会に参加。その後、教室で給食を一緒に食べた際には、隣に座った小学6年生で阪神ファンの女子児童が

顔がかっこよかった。かいだことのないいいニオイがした

とうれし泣き。持ち前のイケメンで、感激させていた。

 

何回読んでも笑ってしまうのです、これ。笑

わたしも、思わず涙してしまうほどかっこよくて、いい匂いがするお兄さんと給食たべたかったなー。

いいないいなーー笑

 

翌年…

 

巨人・小林誠司捕手(26)がまたしても小学生を泣かせた!? 

小林は7日、日本サッカー協会日本プロ野球選手会がコラボしたイベント「JFA心のプロジェクト 夢先生」で 東京・江東区立第三砂町小学校を訪問。

 

この日が誕生日だった5年生の男子児童にサプライズでサインボールをプレゼントすると児童はうれしさのあまり、涙を流した。

 

粋な計らいをみせたイケメン捕手は「あそこまで喜んでもらえるとは思わなかった」と驚きを隠せなかった。

実は小林には“前科”がある。昨年12月に母校の大阪・堺市立新檜尾台小学校を訪問した際に、
給食を隣で食べた阪神ファンの小学校6年生の女子児童が「かっこよかった。かいだことのない、いいニオイがした」とうれし泣き。2年連続で小学生を泣かせた“犯人”になった。

 

 

 はい、また泣かしちゃいましたー。笑

今度は男の子だし、

野球やってる子だったんじゃないかな

憧れの野球選手からのサプライズ

よっぽど嬉しかったんだろうなー。

 

 

イケメンって罪だ。

 

 f:id:Meee52:20160117000450j:image

 

 

理想の自分について考えてみる。



どんな自分でいたいのか、どうなりたいのか
書き出しておこうと思います。

ちょくちょく読み返して、いつも心にとどめておきたい。

f:id:Meee52:20160105213454j:image

はい、スタート。


01
穏やかでいつも柔らかい表情

02
相手の話をよく聞いて、否定しない。
人それぞれの考えがあることを受け入れる

03
潤いがある肌

04
艶があってしっとり指通りの良い髪

05
perfumeのような脚

06
すっと縦線が入る腹筋

07
立ち姿、座り姿、歩き方、食べ方…
所作が美しい

08
人に優しくする

09
自分を責めない

10
物事は捉え方、考え方次第で変わるということを忘れない

11
本を月1冊は読む

12
英語をたのしく学ぶ

13
服装に手を抜かない。

14
すきなものに囲まれる部屋

15
生き生き仕事をする

16
荷物が少ない、余計な物を持たない

17
ストレッチをたのしむ

とりあえずこのぐらいにしときます。


はてなブログ始めるよーっと

 

趣味のライブ記録用としてのブログは持っているんですが、

もっと自由に自分の気持ちを綴れる日記のようなブログを持ちたいなと思い始めてみます。

 

赴くままに

【意味】深く考えずに、勢いのままに物事を行うこと。

抑制せずに好きな方向にそのまま流れていくさま。

 

そして、ゆるゆるやっていければいいかなと。

 

わたしらしく。赴くままにゆるゆるとブログ生活スタートです。